ログアウト

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による影響もあり、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に対する取り組みを本格化しています。また、クラウドは重要なITインフラとして認識され、導入が加速しています。
一方、既存ITシステムのクラウドへの移行には多様な方法があり、その選択は難しくなっています。さらには、クラウドの適材適所によってマルチクラウド化が進む中、ITサイロからの脱却を実現する統合管理や運用の効率化が大きな課題となっています。
本セミナーでは、クラウドジャーニーを進めるために必要となる、クラウドへの移行とDX時代のITインフラの勘所について議論します。

日時 2021年12月8日(水) 14時00分~15時50分  
申込期限:2021年12月7日(火) 正午(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
会場
オンラインで開催します。
参加費 無料(事前登録制)
定員 120名残席わずか
対象 ITユーザー企業の情報システム部門意思決定者、経営者層、経営企画部門、総務部門、事業部門等
(※協賛企業の競合企業の方のお申込みはご遠慮ください)
主催 IDC Japan株式会社
共催
協賛 NTTコミュニケーションズ株式会社
内容
13:30-
(開始30分前からアクセス可能です)
14:00-14:25
ビジネスレジリエンシーを実現するデジタルインフラストラクチャ
COVID-19の感染拡大は企業のDXに対する意識を高め、クラウドの活用を促進しています。現在、多くの企業がDXへとつながるクラウドジャーニーを歩みだしていますが、その道のりには多くの課題が待ち受けています。本講演では、クラウドジャーニーとマルチクラウド/ハイブリッドクラウドの要点を整理して、クラウドジャーニーを促進し、ビジネスレジリエンシーを実現するデジタルインフラストラクチャについて考察します。
IDC Japan株式会社
ITサービス
リサーチディレクター
松本 聡
14:25-14:45
クラウドシフトから始めるクラウドジャーニーとDX推進
DX推進と企業価値向上に向け、レガシーシステムのクラウドシフトやモダナイゼーションあるいはデジタルプラットフォームの導入を検討する企業が増えています。クラウドシフトがもたらす本質的な価値にたどり着くまでのDXのステップと、その推進に最適なITプラットフォームのあり方について、NTT Comのクラウドを含むプラットフォームサービスを中心にご紹介します。
NTTコミュニケーションズ株式会社
プラットフォームサービス本部 データプラットフォームサービス部
担当課長
橘 賢一 氏
14:45-15:05
クラウドジャーニーを加速するVMwareのマルチクラウドソリューション
クラウドジャーニーの目的地は、ビジネスの課題解決、社会的責任、そして高度なセキュリティです。この旅を加速するIT基盤には、シームレスな移行、モダナイゼーションへの道筋、一貫性のある運用が最も重要です。単一クラウドのシンプルさを備え、マルチクラウドの革新性と自由度を実現するVMwareのマルチクラウドソリューションをご紹介し、DXに最適なITインフラの構築方法を提案します。
ヴイエムウェア株式会社
Multi-Cloud Strategy and Architecture
Staff Cloud Solutions Strategist
宇井 祐一 氏
15:05-15:25
クラウドの安定稼働を支えるNutanixクラウドプラットフォーム
DXが成熟しクラウドジャーニーが加速するにつれて、ビジネスにおけるクラウドの重要性は高まっています。社会的なインフラストラクチャとして、安定し、一貫性を持って利用できなければなりません。弊社は「クラウドをインビジブルにし、お客様がビジネスの成果に集中いただけるようにする」をビジョンに掲げ、柔軟で堅牢なクラウドプラットフォームを提供しています。実現する方法論とプラットフォーム上でご利用いただけるソリューションをご紹介します。
ニュータニックス・ジャパン合同会社
ソリューションエンジニアリング本部
スタッフ・ソリューションエンジニア
清水 亮夫 氏
15:25-15:50
パネルディスカッション/Q&A
本セッションでは、DX時代に求められるITインフラであるデジタルインフラの意義や今後の展望について議論します。また、視聴者様から寄せられた質問に回答いたします。
 対談者:
  - NTTコミュニケーションズ 橘 賢一 氏
  - ヴイエムウェア 宇井 祐一 氏
  - ニュータニックス・ジャパン 清水 亮夫 氏
  - IDC Japan 松本 聡(モデレータ)
備考

お問合わせ

IDC Japan株式会社 イベント事務局
jp-event@idcjapan.co.jp

★お申し込みに際してご注意★
  • 弊社イベント、セミナー、Webinarの申し込みはログインIDとパスワードが必要となります。
  • 2018年12月以降、初めて申し込みをいただくお客様はログインID、パスワードの設定をお願いいたします。ログインIDはお客様のメールアドレスとなります。
  • 弊社からの案内メールを受信されているお客様のログインIDはあらかじめ設定させていただいておりますので、パスワードリセットの設定のみになります。ログイン画面で[パスワードをお忘れの方はこちら]をクリックしてパスワードを設定ください。
  • 弊社からの案内メールを受信されていないお客様、別のメールアドレスをログインIDとしてご利用になりたいお客様は、新規ログインID登録(会員登録)をお願いいたします。
  • ログインID登録、パスワード設定後、イベントへのお申し込み手続きにお進みください。
パスワードの設定方法、その他、申し込みに際してのFAQはこちらをご覧ください。

弊社では、2021年6月10日にプライバシーポリシーを変更いたしました。
「セミナー/イベントにお申込いただく場合の登録情報について」を追記しております。
お申し込み前にご一読いただき、ご不明な点がございましたら、イベント事務局へお問い合わせくださいますようお願いいたします。

★受講票について★
  • お申し込み受付け後、受講票URL(視聴用URL)をEメールで送付いたします。開始時刻になりましたらURLにアクセスいただきご視聴ください。
  • 受講票URLを記載したEメールはイベント開催日の数日前に送付いたします。
  • 受講票に記載のURLで視聴できるのは1名様になります。同一URLに複数の方がアクセスした場合は最後にアクセスした方のみが視聴でき、その他の方は視聴できませんので、視聴予定の方全ての参加登録をお願いいたします。